プレナップ・婚前契約書・結婚契約書作成サポート

婚前契約書・プレナップ作成代行とサポート

夫婦だけの約束事。でも、夫婦だからこその約束事。
テンプレートに頼らずしっかり話し合って書面にまとめてみませんか?

海外セレブの間で流行って欧米では一般的なものとなり、有名人が公表したりテレビで取り上げられたりしたことで日本でも数年前から徐々に増えてきている、婚前契約書
プレナッププリナップ、結婚契約書婚姻契約書などと呼ばれることもあります。
その性質によって法的拘束力などは異なりますが、おおむね結婚生活における夫婦間の約束事を取りまとめたもの、と言えます。

当事務所では、法的に拘束することが目的ではない、夫婦の幸せへの道標となる婚前契約書の作成をご提案しております。

そもそも、なぜ契約書を作るのか?

結婚(婚姻)は当事者の意志(民法742条1項)により役所に届け出ること(民法739条)で成立しますので、特別な契約が必要なものではありません。
つまり、結婚をするにあたって必ず必要なものではなく、実際、このような契約を交わさないケースのほうが圧倒的に多いと思います。

では、作る必要が無いのかというと、そうではありません。

誰もが幸せな結婚生活を送ることを望んでいると思いますが、その道標となるために夫婦間で契約を交わすことに十分意義があります。

婚前契約書を作るというプロセスが重要

プロセスが大事

婚前契約書を作るためには、夫婦どちらか一方のみの意志で作成されるものではなく、二人で契約書の作成とその内容について合意していることが必要です。
夫婦間の合意が必要ということは、その合意を得るために多くの話し合いをもつことになります。

漠然と「○○しようね」「△△はダメ」のような口約束をしている場合もあると思いますが、生まれも育ちも違う二人が夫婦として様々な義務を負いながら共同生活をしていくことになりますから、話し合いの中で意見が対立することも多いはずです。
思い描いている結婚生活というものも、実はスタートの時点から違いが生じているかもしれません。

ですが、結婚の前に、または結婚から時間が経たない間に、このように改めて二人での生活と未来についてしっかりと話し合い、約束事として契約書という書面に残しておくことで、数年から数十年後に取り返しのつかない大きな心の溝が生まれることを避けられるかもしれません。

法律的な効力よりも心の繋がり

実は、結婚後に夫婦間で交わした契約は、婚姻中は夫婦の一方からいつでも取り消すことができます。(民法754条。ただし例外もあり。)
そのことをもって、「婚前契約書(プリナップ)なんて意味が無い」と感じられるかもしれません。

確かに、いつでも取消ができますので法的にはとても拘束力、効力が弱いです。
しかし先述の通り、婚前契約書を作るという過程のほうが大切だと考えます。

法的な拘束力が必要となるケースとはどのような場合かと考えますと、夫婦間で意見や言動などについて揉めた、対立した場合ということになりますが、そのような場合において”法的に”解決、ねじ伏せることがはたして正解でしょうか?
二人での明るい未来を思い描きながら取り決めた婚前契約書を見ながら、その時の気持ちをもう一度思い出してみてください。
その気持ちに触れることで、法律ではない人間同士での解決策がきっと見つかるはずです。

心のつながり

婚姻前に契約して法的拘束力を強める

民法では夫婦間の契約はいつでも取り消すことができるとされていますが、でも簡単に取り消されては困るという場合もあるかもしれません。
そのような場合は、婚姻届を提出する前に、つまり夫婦になる前に婚前契約書を交わしておくことで、特約が無い限り原則として取消ができなくなります。
結婚にあたってどうしても約束してほしいことがあるようであれば、このように婚前契約書を作成し、さらに公正証書にするという方法もありますので、選択肢の一つとして考えてみて下さい。

公正証書とは?
公証役場にて法律の専門家である公証人が作成する公文書です。裁判における判決と同じ程度の効力があります。

事実婚を望むなら

婚姻届を提出しない、いわゆる事実婚という場合、法律上は夫婦ではなくあくまで他人の二人ということになりますので、子どもや相続など、様々な場面で法律婚との差が生じてしまいます。
このような場合も、婚前契約書という形で二人の意思を明確にしておくことで、法律婚に似たような制約を課すこともできますし、また公正証書にするなど第三者に対しての対抗力を持たせるということも検討する価値があります。
こちらも、義務を課すことだけが目的ではなく、二人の幸せへの道標となることが望ましいです。

定期的に見直して更新しましょう

子どもが増えたら・・・

契約だからと言って、その内容を変更することができないわけではありません。
むしろ、生活環境や社会環境などの変化に応じて、適宜見直して修正していくことも重要です。
子どもが増えた、家を買った、両親と同居することになった・・・周りの環境の変化に応じて、ぜひ見直してみて下さい。

契約書作成のプロがサポート

婚前契約書に記す内容は、もちろん夫婦二人のためのものです。
そして、契約書に記す内容は夫婦に依って様々です。
インターネットには様々なテンプレート(雛形)、文例がありますが、一般的な契約書よりもずっとプライベートなことですので、婚前契約書こそ二人の個性に合ったものを作るべきだと考えています。

また、夫婦二人だけでの話し合いよりも、第三者であり専門家でもある行政書士を含めて意見を交換することで、新たな発見があったりして、きっとより良い契約書となることでしょう。
当事務所は、幸せなお二人を全力でサポートします。
(行政書士は法律で守秘義務が課せられていますので安心してご相談ください)

私がお話しを伺います。お気軽にどうぞ!

プレナップ 作成の流れ

ビーンズ行政書士事務所の結婚契約書サンプル
ビーンズ行政書士事務所の婚前契約書サンプル

通常は契約書1部を作成しご夫婦(カップル)にお渡ししますが、ご希望があれば2部作成し、1部をご夫婦(カップル)に、残り1部を当事務所で保管することも可能です。

お二人の明るい未来を応援しています

報酬

項目報酬額備考
婚前契約書の作成 ¥30,000 より良い契約書作成のために、お二人と面談してヒアリングを行います。
弊事務所にお越しいただくか、ご指定の場所に伺います。
婚前契約書の作成
(ヒアリング無し)
¥15,000 お二人で原案を作成いただき、それを検証して書面作成します
公正証書による
婚前契約書
¥50,000 公証人への手数料が別途必要です
契約書の更新 ¥5,000〜 内容に依ります。詳細はお問い合わせください。

※上記報酬額の他に、消費税相当額を頂戴いたします
※東京近郊以外の遠隔地の場合、出張料や郵送料などを別途頂戴いたします

お気軽にお問い合わせください

お電話 03-6240-4686フォームはこちら